スキルを証明する手段

自分の持つスキルを証明する方法の一つに、資格の取得があります。証明するだけでなく、その分野の教養を身につけることにも資格取得は役立つでしょう。

マネジメントやITの資格取得が自分のためになる

レディ

転職や昇進で便利な資格

資格を持っているとその教養があるということをアピールできるので、就職や転職、昇進などにとってプラスになります。何かしらの管理をしたいという人であれば、マネジメントに関する資格を取得するといいでしょう。マネジメントは「管理」という意味で、資格にはたくさんの種類があります。

どんな種類があるのか

マネジメントの資格はとても幅広くたくさんの種類があります。例えば、ITに関するもの、働く人の健康管理に関するもの、プロジェクトの進行に関するもの、ビジネス全般に関するもの、モチベーションなどに関するもの、などが存在しています。

興味のあるものや必要なものを選ぶ

たくさんある資格の中から、どれを選ぶか迷うことでしょう。まずは、どういった資格なのかを理解し、自分の興味があるものや、現在仕事で求められているもの、今後携わりたいことと関係があるものを選ぶといいでしょう。マネジメント以外でも、気になるものにはどんどんチャレンジしましょう。

IT系の資格で副業も夢じゃない

資格はマネジメント以外にも多くの種類があり、IT系のものを持っていると副業として役立つこともあります。例えば、WEBライティング技能検定の資格を勉強することで発想力や語彙力が磨かれ、WEBライターとして副業をすることもできます。

資格を取得したいと感じたきっかけランキング

no.1

スキルアップを目指すため

現在の行っている仕事のスキルアップのために取得を目指す人が多いようです。資格試験のために勉強したことが、仕事の効率化に繋がることもあるでしょう。

no.2

独立したいから

同じ業界で独立するためにという人もいます。お店や企業を新しく立ち上げて、自分で経営していく力が必要になります。そのノウハウを、資格取得を通じて学ぶことができるでしょう。

no.3

現在の業務上必要になったから

業務を行う上で必要になって取得をするということもあります。バスやタクシーの運転手をするために必要な免許の取得や、管理職になり会社から資格を取得するように言われることもあるでしょう。

no.4

転職を考えているから

新しい会社への入社でスキルをアピールするために資格を取得する場合があります。未経験の業界でも資格があることで転職が有利になることも考えられます。

no.5

持っていると社内で有利になるから

会社によっては資格を取得することで給料のアップを考えるところもあるでしょう。また、資格を持っているからといって頼ってもらえる場面が増える可能性もあります。

資格で学ぶことは多い

資格が役立つのは仕事面だけではありません。例えば、WEBライティング技能検定の取得で語彙力が増えれば、いろいろな表現ができるようになり、日常の会話や生活が楽しくなる可能性もあります。また、日常生活や趣味に役立つ資格もたくさんあるのです。

いろいろな教養を身につけよう

仕事に関する資格を取得する場合、どのような資格が関連しているかを考えることがポイントになります。例えば、管理職になるのであればマネジメント系以外に、いろいろな人に会うためマナーに関する資格を取得するという方法もあります。