WEBライティング技能検定の受験資格を確認しよう

WEBライティング技能検定の受験資格を確認しよう

勉強

資格取得のメリット

仕事や趣味のために資格の取得をする人は多いでしょう。資格を持っていることで、より知識を深めることができ、進学や就職、転職などにも有利になることでしょう。ただ、資格の取得をするときには注意しなくてはいけないこともあります。自分が受けたくても、試験を受けられないという場合があるからです。

受験資格に注意すること

資格を取得する前に注意したいのが、受験資格です。例えば、受験資格に「◯年以上の実務経験者」という記載がある場合は、実際に実務経験をその年数以上行っていないと受験できません。このように取得したいと思っていても、受験資格の内容によって受けることができないものも多々あるので気をつけましょう。

受講や卒業で受験資格が得られる

資格の中には、WEBライティング技能検定のように特定の講座を受けた人が受けられるものもあります。難関と言われる資格の中には、専門学校や大学で必要な単位を取得して修了することで、受験資格が得られるものも少なくありません。ですから、受けたい資格が見つかった人は、受験資格に当てはまっているか確かめましょう。

有利に働くだけじゃない

試験に頑張って合格して資格が取得できたとしても、全てが有利になるとは限りません。取得した資格の内容次第では「独立が目的だろう」という目で見られ、就職や転職に響くことも考えられます。この場合は、どんな目的で資格を取得したのかを明確に説明できるようにするといいでしょう。

資格の勉強に大切なことベスト5

no.1

目標の設定を最初で行う

目標、つまりはゴールを最初の段階で設定するというのは勉強をするにあたってとても大切なことです。具体的にどの資格をいつまでに取得するのかを決めて行動するようにしましょう。

no.2

試験内容の全体を把握

いきなりテキストを読み始めても、どれだけ時間がかかるのか、何をどれくらい学ぶのかを知らないと勉強は上手くいきません。どんな内容の項目があるのか、どれくらいあるのかを見極めましょう。

no.3

過去問題を何度も解く

テキストを読むことはもちろん大事ですが、一番は試験と同じ問題に慣れるということです。模擬試験や過去問題集を利用して、時間内に合格点以上、むしろ満点を取れるようになるまで繰り返してみましょう。

no.4

不明点はより詳しく調べる

間違えた問題の部分は、どうしてそうなったのかをきちんと把握して一つずつ理解していくようにしましょう。試験問題の結果を受けてテキストを読み返す、というのも繰り返すことで苦手部分が減っていくでしょう。

no.5

繰り返しテキストを読む

テキストを一度しか読まずに内容を覚えられるという人はなかなかいないでしょう。時間があるなら、何度も繰り返して読んで試験の内容を頭にいれておきましょう。